公務員・国際機関情報

平成30年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)

 及び一般職試験(大卒程度試験)の日程について公表されました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
平成30年度

国家公務員採用試験(総合職試験及び一般職試験(大卒程度試験))日程について
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

○平成30年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)は、次の日程で行う予定です。
 申込受付期間(インターネット)
   3月30日(金)9:00~ 4月 9日(月)
 第1次試験日
  4月29日(日)
 第1次試験合格者発表日
   5月11日(金)
 第2次試験日(筆記)
  5月27日(日)
 第2次試験日(政策課題討議・人物)
  5月29日(火)~ 6月15日(金)
  最終合格者発表日
    6月29日(金)
(※ 院卒者試験(法務区分)及び大卒程度試験(教養区分)は別途秋に実施)


○平成30年度国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)は、次の日程で行う予定です。
 申込受付期間(インターネット)
    4月6日(金)9:00~ 4月18日(水)

 第1次試験日
   6月17日(日)
 第1次試験合格者発表日
   7月11日(水)
 第2次試験日(人物)
    7月18日(水)~ 8月 3日(金)
 最終合格者発表日
   8月21日(火)

 

※試験情報の詳細(受験資格、試験種目、試験方法、申込方法等)については、人事院ホームページ採用情報NAVIをご確認ください。

 

==【過去】==================

平成29年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)及び一般職試験(大卒程度試験)の日程について公表されました。

 詳細はこちらからご確認ください。

 

平成28年度総合職試験受験者の官庁訪問についての情報が公開されました。

 

平成29年度国家公務員採用試験(院卒者試験、大卒程度試験)日程について公表されました。

 平成29年度はスケジュールが変更となります。概要はこちらからご覧下さい。

 

平成28年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)及び一般職試験(大卒程度試験)の日程について公表されました。

  概要はこちらからご覧下さい。

 

※平成28年度より国家公務員総合職試験の「政治・国際」区分が大きく変わります。 概要は以下のリンク資料をご覧ください。

 ・国家公務員採用総合職試験における「政治・国際」区分の見直しについて (概要

 

※平成27年度より国家公務員採用試験のスケジュールが1ヶ月程度後ろ倒しになり、また、外部の英語試験が追加になります。 概要は以下のリンク資料をご覧ください。

 ・平成27年度国家公務員採用試験日程のイメージ (概要
 ・国家公務員採用総合職試験における英語試験の活用 (概要


※平成25年度 一次合格者向け本府省合同業務説明会の資料のコピーが、キャリアサポート室窓口にあります。

 (対象省庁は以下です。) 興味のある方は、ご来室ください。

 技術系区分: 外務省・経済産業省・財務省税関・人事院・総務省・防衛省技術研究本部・文部科学省

 事務系区分: 内閣府・環境省・経済産業省・厚生労働省・国土交通省・財務省・農林水産省・法務省、防衛省

          金融庁・警察庁・公安調査庁・国税庁・消費者庁・会計検査院・公正取引委員会

 

 国家公務員総合職 合格までのスケジュール

 

平成29年度国家公務員採用総合職試験の合格までのスケジュールは、

人事院HPに具体的日程・流れについて掲載されております。

詳細はこちらをご確認ください。

 

トップに戻る

各種説明会・セミナーについて

人事院や各府省は、全国各地で様々な説明会、セミナーを開催し、公務の仕事の内容やその魅力を紹介しています。

どんな仕事をしたいか漠然としている方、もっとよく各府省の仕事を知ってみたい方、説明会やセミナーに参加してみませんか。

女性、大学院生、理工学生を対象としたイベントも多数開いています。きっと将来やってみたい仕事が見つかるはずです。

 

各種説明会・セミナーの詳細については、こちらからご確認ください。

トップに戻る


 試験について

人事院が実施する国家公務員試験

平成24年度から採用試験(一般職・専門職)が変わりました。 主な変更点は、Ⅰ種試験、Ⅱ種試験、Ⅲ種試験が廃止され、総合職試験及び一般職試験に再編されました。

採用試験の詳細や日程等については、

人事院のホームページをご覧ください

http://www.jinji.go.jp/saiyo/shiken_minaoshi.htm ico link
  • イベントや官庁訪問の情報については、
  • 人事院の「採用情報NAVI」をご覧ください
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm ico link

 

人事院以外が実施する主な国家公務員試験:

各府省のホームページに採用情報が載っていますので、

そちらをご覧ください

http://www.jinji.go.jp/saiyo/sonota.htm ico link
その他の主な採用試験情報
国立国会図書館職員採用試験 http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.htmlico link
衆議院事務局職員採用試験 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_saiyo.htmico link
参議院事務局職員採用試験 http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/saiyou/index.html ico link
衆議院法制局 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/html/h-saiyou.htmlico link
参議院法制局 http://houseikyoku.sangiin.go.jp/adoption/index.htmico link
裁判所職員採用試験 http://www.courts.go.jp/saiyo/index2.html ico link

 

 地方公務員

各県・各市町村職員の採用試験情報:

財団法人地方自治情報センター

https://www.lasdec.or.jp/cms/1,0,15.html ico link

東京都特別区の採用試験情報:

特別区職員採用試験情報

http://www.tokyo23city.or.jp/saiyou-siken.htm ico link

 

国立大学法人等職員採用試験:

国立大学法人等職員採用試験: http://www.janu.jp/univ/employment/saiyou.htmlico link

トップに戻る




 省庁訪問から内定まで

新採用試験においても、官庁訪問が必要となります。
官庁訪問は、原則としてまず3省庁を選び、2巡後に2省庁に絞り、再度2巡訪問し最終的に1つに絞る、というものです。

詳しくは、国家公務員試験採用情報NAVIをご覧ください。 

  ※官庁訪問について 総合職試験受験者向け(概要)  

                 総合職試験(院卒者試験)(法務区分)受験者向け(概要)  

                 総合職試験(大卒程度試験)(教養区分)受験者向け(概要)  

                       一般職試験(大卒程度試験)受験者向け(概要

 

最初に省庁A、B、Cを選んだ場合の例です。

 

平成27年度官庁訪問スケジュール例

H27kanchohomon

平成26年度官庁訪問スケジュール例

houmon

自分からお断りして絞っていく場合もありますが、省庁のほうからお断りをされる場合もあります。

 

官庁訪問のある一日

朝9時ごろに希望省庁に行き、1日数回の面接を受けます。 呼ばれるまではただひたすら待合室で待ちます。 夜10時頃まで滞在し、その間呼ばれれば面接官のいるところへ出向き面接を受けます。 1日1省庁が原則となります。

トップに戻る



 一般企業と公務員・各種試験との併願について

就職活動をしながら勉強を続け、一般企業の内定を得て試験に臨む、とは言っても、現実には相当難しいものがあります。 試験一本に絞り、不合格後一般企業に対する就職活動を行うという方が多いようです。

各種試験不合格者向けの採用市場が、それぞれの試験合格発表後から始まります。 国家公務員の場合は7月頃、司法試験の場合は10月頃からです。 一般企業のさまざまな個性に触れて、新たな将来像を築いていきませんか? 

 トップに戻る


国際機関の職員募集

 国連機関職員になるために求められるもの(http://www.mofa-irc.go.jp/ ico link

語学力 英語もしくは仏語で職務遂行が可能であること
学位 修士号以上の学位があること
専門性 学位取得分野での勤務経験など

 

空席公告について

国際機関事務局の専門職以上の職員や技術協力専門家の空席は、空席公告という形で各国政府などに公募されます。 それらの空席公告は国際機関人事センター・カウンターにおいて閲覧することができます。 また、インターネットでアクセスも可能です。(http://www.mofa-irc.go.jp/)  応募したい空席がある場合には、所定の応募用紙を国際機関人事センターより入手し、各国機関に直接送ってください。

 

定期的な職員募集について

空席公告の他に、定期的に職員を募集している機関もあります。各機関によって試験区分や科目、待遇、応募資格などに違いがありますので、確認のうえ国際機関人事センターから募集要項を取り寄せてください。

(参考)各機関により実施される試験

アソシエートエキスパート等選考試験

国連職員採用競争試験

OECDヤングプロフェッショナルプログラム

UNESCOヤングプロフェッショナルプログラム

国連インターン(人事局、広報局)プログラム

国連人権センターインターンプログラム

上記に関する問合せ

外務省国際社会協力部国際機関人事センター

〒100-8919 東京都千代田区霞ヶ関2-2-1

TEL.03-3580-3311(内線2841)

窓口時間 午前10時~午後5時(月~金曜)

(参照ホームページ)外務省・国際機関空席情報 http://www.mofa-irc.go.jp/ ico link