知の創造的摩擦プロジェクト 第25回 交流会

開催日時:2017年 11月 11日 (土曜日)   1:00 -  6:30

 

「知の創造的摩擦プロジェクト」第25回交流会

 

 ~大切にしたい想いは何ですか~


 
交流会とは、東京大学、東大ドリームネット、東京大学三四郎会が年に2回開催する、若手東大卒業生と現役東大生との大規模交流イベントです。

東大生が自らのキャリアを主体的に選択できるよう、またより有意義な学生生活を送ることができるよう、そのきっかけとして、卒業生と、気軽に、しかも本音で語り合えることが最大の魅力です。

 

今回のテーマは、将来や生き方を決める上での「大切にしたい想い」
進路や就職など大きな選択をするとき、あなたはどのようなことを大切にしたいですか。
卒業生との対話を通じて、卒業生が一人の人間として何を大切にしてきたかという価値観に触れ、あなたの「大切にしたいこと」を見つけるための一歩を踏み出しましょう


商社、メーカー、官僚、法曹、金融、アカデミア、製薬、コンサル、広告等、
様々な業界から若くして社会の各分野をけん引する卒業生が参加します。

 

20171111 25koryukai poster

                ※チラシはこちら

 

 

開催情報

 

 【開催日時】 2017年11月11日(土) 受付12:30~ 開始13:00~終了18:30予定  ※第一部途中入退場可能

 

 【開催場所】 東京大学 駒場Ⅰキャンパス 生協食堂(駒場コミュニケーション・プラザ南館)

 

【当日内容】 

13:00~ オープニング

 

13:25~ 第一部 グループディスカッション

 卒業生2人、学生4人のグループに分かれて、ディスカッションを行います。

 

 グループディスカッション① 

    卒業生の方に、大切にしたいことを意識して何かに熱中して取り組んでいる姿を

    ありのままに語っていただきます。

 グループディスカッション②

    卒業生にも最初から明確な軸があったわけではなく、行動と内省を繰り返すことによって

    今の価値観が形成された経験を伺います。

 グループディスカッション③

    学生が卒業生の話を踏まえ、今後どのようなことを大切にしていきたいか、そのためにどう行動すればよいか

    卒業生とともに考えます。

 

17:30~ 第二部 懇談会

 立食形式の懇談会です。もっと話を聞きたいと思った卒業生や、自分の関心のある分野の卒業生と自由に話すことができます。

 

【参加対象】 東京大学の学生 ※大学院学生含む、参加定員350名   参加無料、服装自由

 

 

★過去交流会の様子はこちら   第23回(2016.11.12駒場)第24回(2017.06.17本郷)
★「知の創造的摩擦プロジェクト」って何だろう? という方は、こちらをご参照ください。
東大ドリームネットホームページ及び東大ドリームネットFacebookページでも様々な企画を紹介しておりますので、是非一度ご覧ください。

 
 

事前申込

 

【東京大学の学生限定】事前申込はこちらからお願いします。      PCから       携帯から

  ※前期教養学部1年の方は、学籍番号冒頭のアルファベットを「0(数字のゼロ)」に置き換えてお申し込みください。

    (例:J1234567→01234567)


 

開催報告

 
2017年11月11日(土)13時より、「知の創造的摩擦プロジェクト」第25回交流会(主催:東京大学、東大ドリームネット、東京大学三四郎会)が、駒場Ⅰキャンパス生協食堂(駒場コミュニケーション・プラザ南館)にて開催されました。今回は、卒業生97名、在学生178名が参加しました。

本プロジェクトは大学主催による卒業生と東大生との交流企画であり、卒業生との対話を通して双方が刺激を共有し、現役学生がより主体的な学生生活の過ごし方、キャリア選択のあり方について考えるきっかけの場を作ること、また卒業生に大学の活動に関わっていただくことにより卒業生のネットワークを形成強化することを目指しています。

25回目となる今回の交流会では、「大切にしたい想いは何ですか」と題して、自分が生きる上での「大切にしたいこと」をテーマに、卒業生を囲んだ小規模なグループでのディスカッションを、組み合わせを替えながら行いました。
第一部グループディスカッションでは、卒業生に「人生において大切にしたいこと」は何か、またそれがどのような経験から得られ、人生にどう活かされているのかについて語っていただいた後、学生自身が「今後大切にしていきたいこと」やそのためにどう行動するかについて、卒業生からのアドバイスを受けつつ考えました。引き続き行われた第二部懇談会では、卒業生と在学生がより気軽に、自由に話す場を設け、親睦を深めました。

参加学生からは「人とのつながりが生きていく中で一番大切だと気付いた」「自分がワクワクできることに果敢に挑戦していきたい」といった感想が、参加卒業生からは「自分の将来について真剣に考えている学生が多く、頼もしく感じた」「学生から前向きな刺激を沢山もらった」といった感想が寄せられました。

次回、第26回交流会は2018年6月頃に開催予定です。


20171111 25koryukai report

和やかに語り合う学生と卒業生

 

20171111 25koryukai report2

第一部グループディスカッションの様子

 

東京大学ホームページ「トピックス」(2017年11月22日掲載での開催報告はこちら

戻る