博士・ポスドク向け コミュニケーションセミナー

開催日時:2013年 9月 04日 (水曜日) , 17:30 - 19:30

2013年9月4日(水)博士・ポスドク向け ご自身の研究の技術やスキルのアピールのコツを学ぶ「コミュニケーションセミナー」を開催します。

 

キャリアサポート室は、今年度、博士・ポスドクの方々に向けて、いくつかのキャリアイベントを企画しています。 このセミナーはその第一弾になります。

 

アカデミックに進むか、企業就職を考えるか・・・

博士課程修了後のキャリア形成にはさまざまな可能性があります。 

いずれの場合にも、ご自身の技術やスキルを魅力的にアピールすることはとても大切です。

このセミナーでは、研究の技術やスキルのアピールのコツを学びます。

 

講演テーマは 「Open Innovationの事例から学ぶ技術アピールの方法」

 

講師・協力は、株式会社ナインシグマ・ジャパン 中井 博之さんです。

  株式会社ナインシグマ・ジャパンの詳細はこちらから

  中井 博之さんプロフィール

      東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 工学博士

      シャープ株式会社を経て ナインシグマ・ジャパンに入社

 

※当日の講演・およびワークショップは、全て日本語で行われます。

 

 


�904poster colour
 

開催情報

【開催日時】

  2013年9月4日(水) 17:30~19:30  (開始10分前を目処にお集まりください。)

【開催場所】

  本郷キャンパス 第二本部棟1階 学生相談カンファレンスルーム

【参加対象】

  修士、博士、博士研究員(ポスドク) ※定員15名、事前申込先着順、ただし博士・博士研究員(ポスドク)の方優先

【ワークショップの宿題】

  自分が就職したい企業に対して、自分の研究やスキルがどのように役立つかをアピールしてください。  自分の研究に関する用途仮説の立案と用途における強みを以下の要領で取りまとめ、発表していただきます。 複数仮説があればなお良いです。

  1.自分の研究・スキルの説明

  2.就職したい企業

  3.用途仮説(就職したい企業で自分の研究が活かせる製品やサービス)

  4.対象となる製品・サービスにおいて重視されると思われる3つの性能

  5.競合となる研究・技術と比べた場合の、自分の研究の優位性

※全体の文字数で800文字~1000文字前後で、課題内容の骨子を用紙に記述してください。 当日は、用紙をコピーをして2枚お持ちください。 一枚はお手元に、もう一枚は当日の受付後、講師にお渡しいただきます。

※当日は、テーブル毎に6人前後のグループになっていただき、グループ内で1人ずつ、各自2~3分くらいで発表していただきます。その後テーブルのメンバーから質問、ナインシグマ・ジャパンの講師からコメントをいただく形式です。

 

開催報告

group work 2

 

 

当日は様々な研究科から、11名の博士課程学生が参加しました。

 

前半は株式会社ナインシグマ・ジャパンによる講義形式、後半はグループワークでお互いの発表をブラッシュアップし合いました。

 


※ キャリアサポート室では、本年度の予定として、この後、キャリアセミナー企業説明会を企画し、博士・ポスドクのキャリア支援をシリーズで行っていきます。

戻る